離婚専門の弁護士

離婚問題と慰謝料は弁護士

トップ / 離婚問題と慰謝料は弁護士

離婚で弁護士が必要な場合

日本では協議離婚が9割を占めるようです。夫婦間の話し合いだけで解決できれば、弁護士も裁判も必要ありません。しかし、離婚では慰謝料、養育費、財産分与などお金の問題が絡みます。ここで争いになって、相手に弁護士がついた場合などにはこちらも専門家を雇わないと、個人では太刀打ちできないでしょう。特に養育費の支払いについては、きちんと解決しておかないと後になって請求しようと思っても請求することは難しいです。慰謝料も養育費もとても高額になり、子供の将来にもかかわってくるのでしっかりと争っておきましょう。

離婚 弁護士は信頼できる事務所へ相談を。
多くの案件を解決している実績のある事務所です。今までの相談内容も掲載。電話やメールでの相談も可能です。

交通事故で弁護士を雇う時

交通事故では、なるべく早い段階で弁護士を雇うべきです。しかし、事故で負傷した体で法律事務所を回るのは大変ですし、あわてて雇っても失敗することがあります。交通事故の慰謝料や治療費、休業損害についての交渉は、加害者ではなく保険会社の担当者が示談の場に現れるのが一般的です。そこで、保険会社の担当者が示談の場に現れたらこちらも弁護士をつけることを考えるとよいでしょう。保険会社の担当者はプロであり、知識や経験の差を埋めるためにはこちらもプロを雇わなければなりません。

ネット詐欺等の情報

© Copyright ネット上の生活のトラブル. All rights reserved.